ダイエットの達人 Byte Enchanters


  

  • ダイエットの達人では、様々の事情によりダイエットをしたい方が失敗しないダイエットをするために最もおススメのダイエット法を伝授します。

  

  • 生活習慣病の主因といわれる肥満は、増加を続け現在2300万人を超えている。この肥満者数の増加の問題は、何も日本だけの問題ではなく世界63億人のうち、先進国を中心に約10億人もいると見積もられ、世界共通の社会問題になりつつある。
    日本の場合を考えると、ここ30年間で急激にその数が増している。このあいだに私たち日本人の生活や環境に何があったのだろうか。
    日本の肥満者数は、年々増加の一途を辿っている。これに隠れ肥満の和を合わせると相当な数にのぼると予測される。肥満の悪影響を、決して、見た目が肥満している人にのみ起こるものではなく、脂肪組織の量に比例すると考えられるので、当然「見た目やせ」「隠れ肥満(体脂肪率の高い)」という人やいにも起こると考えられている。
    そして肥満に関する概念も時代により変化している。脂肪組織をつくる脂肪細胞は、このところの研究によりさまざまな物質を分泌していることが分かり、脂肪組織の果たしている昨日は単なるエネルギーの貯蔵庫ではなく、甲状腺や副腎などと同じように一種の内分泌器官として捉えられるようになってきている、
    これらの分泌物が一定量分泌されていることにより、私たちの健康は維持されている。分泌が多すぎても少なすぎても私たちの健康は害されてしまい、甲状腺ホルモンや副腎ホルモンなどど同じように、その分泌量をある一定の範囲内にコントロールしていかなければならない。
    新しい概念としての肥満とは、見た目の体型とは無関係に脂肪細胞から出される分泌物の総量が多すぎて、さまざまな弊害(脂肪組織機能亢進症)が生じることをいう(中には肥満することで分泌量が減るために問題になる物質もある)。
    そして、新しい芸年のやせかたとは、分泌量が少なくて生じる弊害(脂肪組織機能低下症)のことを指している。
    やせも肥満も解消する薬がない現在、渡したいは自分の意思でこれらをコントロールしなければならない。
    ダイエットを最終的にきちんと成功させるためには、自分の意思でコントロールしなければならないことがたくさんあり、それを克服していかなければならない。そのためには、私たちが今もっている無意識がつくり出したメンタルでは弱く、ダイエットをしようと思ったときの、今より良くなりたいという向上心を持続することができなければならない。
    そのTめには、まずメンタルを鍛えてから望まなければならない。しかし、人生の中で今より良くなりたいと向上心が芽生えることは、ダイエットに限らず多々ある。そのために本サイトでは、まずダイエットにこだわらず私たちが生き甲斐のある豊かな積極的な人生が送れるよう、一般的なメンタル・レッスンをご紹介しよう。本サイトが皆様の生き甲斐の追求のお役にたてれば幸いです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ